庚  申  塔


 高い峠ではあまり見たことはありませんが、峠路沿いの集落の外れなどでよく見かけるのがこの「庚申塔」です。日本全国どこにでもありますが、特に秩父地方では多く見かけるような気がします。道祖神の一形態だろうと思っていましたが、元々の意味は全く違うようです。気になりだすととことん気になる質でして、詳しく調べてみることにしました。

 庚申塔のことを知るには、まず「庚申信仰」の事を知る必要があります。

 庚申信仰は、古くは中国の晋の時代、道教の思想から端を発し、奈良時代の日本に伝わった後、日本固有の信仰と結びついて発展していきました。

 人の身体の中には三尸(さんし)という虫がいて、60日毎に巡ってくる庚申(かのえさる)の日に、人々が寝静まった夜、その虫が体内から出てきて天帝にその人の悪行を報告し、怒った天帝はその人を早死にさせてしまうのです。ですから庚申の日は寝ないで夜通し起きていて、三尸(さんし)が体内から抜け出さないようにします。これを「庚申待(守庚申)」といいます。このとき一緒に庚申待を過ごす人たちの集まりを「庚申講(講=信仰集団)」といいます。

 最初は多分、庚申待の夜は厳かに過ごすのが習いだったと思うのですが、平安時代から「2ヶ月に一度の楽しい夜通しの宴会の日」となってしまい、娯楽の乏しかった時代、全国の村々に一気に広がっていきました。そういえば源氏物語の中でも庚申待の様子が描かれていますね。

 そしてこの信仰は、60年に一度の庚申の年に庚申塔を建立することを原則としました。我々が峠路などで見る庚申塔はこうして建てられたものなのです。

 庚申塔は「庚申」の「申」から猿(特に三匹の猿=三猿)を描いたもの、青面金剛(しょうめんこんごう)像を描いたもの、神道の影響を受け猿田彦の命を描いたもの、単に「庚申塔」と字で書かれたものがありますが、地方によってはそれ以外の様々なバリエーションがあるようです。庚申は風邪、咳などの治病神、あるいは作神、福神とみなされています。

 庚申塔は大抵は集落の外れに、道祖神など他の石神(または石碑)と一緒に置かれている例が多く、その結果、「塞の神」としてムラの辻の守り神といった道祖神と同じ役割を担わされてしまったようです。

 さて、先ほど「60年に一度の庚申の年...」と言いましたが、直近の庚申の年は1980年でした。次回は2040年です。21世紀の庚申塔とは一体どんなものになるのでしょうか。

目次に戻る