「峠行」という言葉について


 皆さんからいただくメールの中で、「峠行」という言葉についての質問がよくあります。「峠行」とは「とうげこう」と読み、これは全くの私の造語です。ですから辞書、事典などにはもちろん載っていません。

 通常峠を訪れるときは「峠越え」という語句を使います。しかしこの言葉は峠、及び峠路を通過点として捉え、行動の主体・目的を、峠の向こうの目的地である集落としている印象があります。峠の歴史は峠越えの歴史でもあり、峠は英語で「pass(=通過点)」と表記しますから、全くその通りでもあるのですが。 また、「峠越え」という言葉は、しばしば「難儀」「苦労」「苦難」を表す言葉としても使用されるようです。

 行動の主体・目的を峠、及び峠路におき、且つ、その行程を楽しむ言葉として「峠越え」という言葉は今ひとつ当たっていないと思い、「峠行」という言葉を思いつきました。これは「山行」「旅行」等から来ています。


目次に戻る