寺 下 峠

山梨県大月市−秋山村
1997.4.27

 秋山村、下尾崎のバス停から県道を離れ、北に向かう林道にはいる。大曲橋手前の山道を上り、峠に向かう。
 峠路はひたすら杉林の中を通り、暗い雰囲気。踏み跡はしっかりとしており、迷うことはない。分岐点が幾つかあるが、いずれも若干広い方の道を選べば大丈夫。
 峠と、今上ってきた峠路。舟山と丸ツヅク山の鞍部に位置しており、縦走路との交差点になっている。朝早いせいもあり、ハイカーとは全く会わなかった。
 峠からの展望はさほどでもないが、少し大月側に下ると、目の前がぱっと開ける。遙か彼方に奥多摩南方の山々が見える。
 大月への下り始めは、勾配も路面もおとなしい。鼻歌混じりに景色を楽しみながら下っていく。
 沢と出会う直前に、土砂崩れにより長区間に渡って道が消滅している。土質も柔らかく、勾配もきついので、ロープが張られているというもののかなりきつい。このコースを上りにとった場合、自転車同伴では突破は困難だろう。
 沢と出会い、小休止。火照った身体を冷やす。この先、甲州街道との分岐までは快適な?山道だ。

目次に戻る