鈴 ヶ 音 峠

山梨県大月市−都留市
1997.1.15

 名勝猿橋に車をデポし、どんどん南下する。写真は小沢あたり、正面の山は九鬼山。
 最後のバス停である「朝日小沢上」を過ぎると、道はご覧の通りの状態となる。その殆どが凍結路で、前進に苦労した。今回、簡易アイゼンを携行しなかったのは大失敗。
 最初の沢をまたぐと、道は圧雪路面となる。こちらの方が格段に歩きやすい。しかし再び沢をまたぐと凍結路に逆戻り。その状態で峠まで続く。
 峠は切り通しになっている。ゴアのヤッケを着たまま雪の上に寝ころぶ。火照ったからだに気持ちよかった。案内板には「恩賜林」についての説明が書かれていた。
 都留側の眺望。今倉山がはっきりと見えた。大月側は全く眺望がきかない。
 下ってきて最初に出会った大平の集落。こちら側は南面なので、雪は多少少ない感じ。でも似たようなものである。同じように凍結路面に苦しめられ、下りも大部分押してしまった。

目次に戻る