桜 井 峠

山梨県秋山村
1997.10.25

 全体的な距離は全く大したことはありませんが、狭い範囲に古峠、旧峠、新峠と3つきちんと並んでいるちょっと珍しい峠です。


 秋山トンネル手前から西に曲がる。桜井隧道と金山峠の分岐点の間の細い林道を上る。途中1カ所だけある分岐を左に曲がると直ぐに林道終点となり、山道を登る。
 山道と言ってもかなり道幅は広く、長く使われていたことが想像できる。途中崩落箇所が幾つかあるが、難しいことはない。概ね勾配は緩く、歩きやすい。
 峠は切り通しになっている。最近は縦走路だけが異様に立派な十字路峠ばかり見てきたので、新鮮に感じた。
 峠を南側から見たところ。こちら側は意外にも全線コンクリ舗装されていた。
 舗装された山道?を桜井集落に向けて下る。あっという間だ。
 桜井峠から若干東側に位置する桜井隧道。桜井峠を古道峠とするならば、こちらは旧道峠か。
 桜井隧道から更に東にある秋山トンネル。出来たばかりの立派なトンネルだ。桜井方面から行くと勾配が全くなく、自動車は全てこちらを通っているようだ。

目次に戻る