大 ダ ワ

東京都奥多摩町−檜原村
1997.11.8
 今回は担ぎ無しの完全オンロードパスハンで、奥多摩に紅葉を見に行ってきました。最近は上りは殆ど自転車を肩に担いでいましたので、ペダルを漕いで上るのは久しぶりで、案の定ばてました。でも頭上に見えるガードレールに闘志が沸き、峠から見ろ下した道に一人ほくそ笑み、下りの途中で見た遙か下のガードレールに胸がワクワクし....。学生時代に戻ったような懐かしく、楽しい気持ちになりました。
 登山者でごった返す早朝の奥多摩駅を離れ、西に向かう。多摩川に架かる弁天橋手前を南に曲がり、鋸山林道のスタートだ。
 鋸山林道は、初め大沢に沿って若干きつい勾配で上っていく。最初の巻きを過ぎると少し緩くなる。久しぶりのオンロードはきつい。最近上りは全部担いでいたもんなぁ。
 彼方に連なるガードレールを見て闘志を奮い立たせる。(または被虐的気分を味わう?)これがオンロードパスハンの醍醐味!昔は「線路は続くよどこまでも」の「線路」を「ガードレール」に代えて歌っていました。
 大汗をかきながら大ダワに到着。しかし峠は紅葉狩りの人たちの駐車場と化していた。少し山に登り、静かなところでコーヒータイム。
 峠から上ってきた奥多摩側を見下ろす。紅葉の中、うねうねと道が見える。「あんな所から上ってきたんだよなぁ」と一人ほくそ笑み、自己満足に陥るのもオンロードならでは。
 檜原への下り道も全舗装。途中舗装の状態が悪く、凄い振動を受けた箇所があった。
 写真は神戸の集落。観光客で賑わっていた。

目次に戻る