西 山 峠

東京都八王子市−神奈川県津久井町
1997.3.9
 今回往路にとった西山峠、復路にとった三沢峠とも南高尾山稜を横切る峠です。両方の甲州街道側の起点になる山下の集落付近に、 将来圏央道の八王子ICができる予定です。そうなると、このどちらかの峠路は高速道路の建設により、ずたずたにされてしまうかもしれません。
 七国峠と鑓水峠で悔しい思いをした私は、今のうちにその姿を見ておきたい、という気持ちで走りました。
 甲州街道山下より南の小道にはいる。ここは分岐点。右に行けば中沢川を遡って中沢峠へ。左に行けば入沢川を遡って西山峠へ。今回は西山峠を目指した。
 分岐点にあったお地蔵様。古くからの峠路の証だ。
 序盤の峠路の様子。道幅は狭いが結構雰囲気がいい。緑のトンネルに春を感じながら進む。
 沢に架かる橋。思いっきりしなります。こっ、怖い...。
 川を渡ると勾配は増し、道は思いっきりガレてくる。この先は担いだ方がいい。
 険しい山道をあえぎながら担いで上っていると、道は再び杉林に入る。そしてまもなくして峠についた。峠はハイキングコースが横切っていて、なんだか落ち着かない。一服した後津久井側に下る。
 しばらく行くと、名手方面に下る道と、三井方面に下る道に分かれる。次に三沢峠に上るので、三井方面への下り道を選ぶ。道筋はしっかりしているが、勾配と落ち葉の量が凄い。足を踏み外したらそのまま下へ転がっていきそうだ。
 沢を渡るとようやく道の状態も安定してくる。この先、峯の薬師の別当寺である三井寺に出て津久井湖岸道路に合流する。

目次に戻る