馬 引 沢 峠

東京都青梅市−日の出町
1997.2.15
 鎌倉時代から明治の初期まで物資の流通路として栄えた古道です。近年ハイキングコースとして見直され、道もきれいに整備されました。 しかしここにも開発の手が伸びてきました。

2000.10.22再訪


 
 肝要峠路を下り、吉野街道に合流して東に向かう。馬引沢川に架かる明治橋の手前を右に曲がる。少し奥まったところに道標がある。
 序盤の峠路の様子。殆ど勾配のない雰囲気のいい道をぐんぐん走る。
 中盤の峠路の様子。勾配は全く気にならない。杉林の中をぐんぐん走る。
 峠直下よりコンクリート舗装になり、急勾配になる。あえぎながら上り、峠に到着。立派な碑がある。
 玉の内側に下ろうとしたが、ゴミ処理場建設中とかで、日の出町側の峠路は厳重なバリケードがひかれており、通れなかった。

目次に戻る