巨福呂坂切通し

鎌倉七口・国指定史跡

神奈川県鎌倉市雪ノ下(−鎌倉市扇ガ谷)
2000.9.30

周 辺 図 へ


 鶴岡八幡宮に立ち寄った後、自動車お祓い所の前の道を渡り、レストランの脇の道を西に進む。これが巨福呂坂だ。ごく普通の坂道のように思える。
 送水管トンネルとの分岐を過ぎると勾配はググッときつくなる。青梅聖天の下辺りの道端では彼岸花が咲き誇っていた。この少し先に十二基の石碑が建ち並んでいる。
 更に上っていくと、いきなり舗装道が途切れ、行き止まりになっている。よく見ると藪の中に獣道らしき道筋があり、通れそうな気もするのだが、私有地になっているので、法律上通行することは出来ない。肩すかしを食らったような感じだが、ここで引き返すことにした。
 再び鶴岡八幡宮に出て、西に進む。ここは現代版巨福呂坂切通しとも言うべき「巨福呂坂洞門」。切通しのイメージを出すべく、上方がシースルーになっている。

目次に戻る