化粧坂切通し

鎌倉七口・国指定史跡

神奈川県鎌倉市扇ガ谷−鎌倉市佐助
2000.9.30

車両通行禁止

周 辺 図 へ


 海蔵寺の手前を南に折れ、住宅街の中を走る。徐々に勾配がきつくなってきて、峠近しを思わせる。
 最後の民家を過ぎると舗装が途切れ、山道となる。ご丁寧にも「車両通行禁止」の標識があったので、そのポールに自転車をチェーンでくくりつけ、留守番をお願いして徒歩で登っていく。
 距離は短いのだが山道部分は峠まで終始こんな感じ。勾配はきつく、むき出しの岩がごつごつしていて非常に歩きづらい。切通しの名前は女性的なイメージがあるが、実際には男性的な峠路である。
 この峠路の歴史は古く、記録などから「気和飛坂」の名で鎌倉幕府の開府以前から存在していたと考えられている。名前の由来は、昔平家の大将の首を化粧して首実検したことからこの名が付いたとか、この付近に遊女が住んでいたことから付いたとも言われている。ついでに言うと、化粧坂の遊女のことは、「曽我物語」にも書かれていた。
 よっこらせと登り切ったピークは源氏山公園、舗装された道が横切っていてちょっとちょっと興ざめ。このピークをちょっと左に歩いたところに南に降りる細い道がある。何の案内板もないが、ここを降りきったところまでが化粧坂だ。

目次に戻る