極楽寺坂切通し

鎌 倉 七 口

神奈川県鎌倉市極楽寺−鎌倉市坂の下
2000.9.23

周 辺 図 へ


 星の井通りを西に走る。星月夜の井のある虚空蔵堂を過ぎると極楽寺坂切通しが始まる。といっても今まで通った切通しと違い、ここは上下2車線の舗装道路となっている。昔は切通しの南側にある成就院と同じ高さまで道があったらしいが、交通の便を容易にするために少しずつ切り下げられ、今では単なる緩やかな上り坂となっている。
 ここは西方から鎌倉に入る要路の一つであり、新田義貞の鎌倉攻めで有名である。実際には義貞はこの切通しを突破できず、稲村ヶ崎経由で鎌倉に入っている。
 切通しのピーク付近は喫茶店など家々が立ち並んでいて、昔のイメージを思い浮かべることは出来ない。この先道は二つに分かれていて、右に進むと切通しの名前の由来となった極楽寺がある。
 左に曲がり、江ノ電「極楽寺駅」前にて一休み。なかなか趣のある駅舎だ。この駅、昔「俺たちの朝」だったか「俺たちの旅」だったかの青春ドラマで見たことがあるような...。
 たまたま走ってきた江ノ電と競争して、そのまま七里ヶ浜に到着。自転車を砂浜まで担ぎおろして休憩した。パスハンの終わりに立ち寄る海ってなかなか気分のいいものだ。見渡してみると浜辺から釣りをしている人、セーリングをしている人、スケッチをしている人、...。登山服姿の私は、どう見られていたのでしょうか(^^)。
 遠くの江ノ島を望みながら、弁当の残りを食べ、小1時間ほど昼寝をした。さすがに砂浜での昼寝は開放感が違った。

目次に戻る