長 尾 峠

神奈川県箱根町−静岡県御殿場市
2001.10.7

周 辺 図 へ


 乙女峠から下りてきて最初の分岐点を右折し、長尾峠を目指す。路面は舗装されており、勾配も緩い。天気も少し回復してきたようで、気分良くのんびりとペダルを漕いで上る。
 ぐぐっと90度のカーブを曲がって長尾隧道に到着。最初から最後まで山襞を這うような新しい感じの峠路で、展望がとても良かった。隧道は観光地にしては古めかしい感じ。入口にぽつんと茶屋がある。
 上の写真の左端が旧峠への入口となっており、同時に簡易展望台にもなっている。そこからは芦ノ湖が一望できる。その手前に見える緑はゴルフ場なのだが....、まあ、観光地の宿命ですな。
 旧峠入口の様子。ここに長尾峠の石碑が置いてある。実際の峠にはなにもない。
 いつもの通り自転車を担いで笹藪の中、旧峠を目指す。距離は短いのだが勾配はきつく、路面も粘土状だ。でも茶屋まで自動車で来た人達がついでに登れる程度の路なので、概ね大したことはない。笹と土の匂いを楽しみながら、ゆっくりと登っていく。
 峠に到着。でも何の案内板もないのでちょっと拍子抜け。御殿場側に降りる旧道は、完全に笹藪の中に埋もれてしまっている。峠としての機能は隧道に譲り、自身は丸岳山頂への連絡道路となってしまったようだ。山には似合わない軽装の人達とひっきりなしに挨拶しながら、時の流れを感じた。
 峠から引き返し、隧道を通って御殿場側に下っていく。道幅が狭いせいか、通る車も少ない。充分に着込んで一気にデポ地まで下っていく。うーん、爽快!
 ダウンヒル途中で見た御殿場の街並み。突っ込んでいくような感じだ。

目次に戻る