足 柄 峠

静岡県小山町−神奈川県南足柄市
2001.12.1

周 辺 図 へ


 朝の4時に自宅を出発。車で山北駅まで行き、輪行して御殿場線の始発に乗り込む。広い車内に乗客は私一人。十文字峠以来の2年ぶりの輪行に自然と気持ちが高揚する。6時半前に電車は無人の足柄駅に到着。駅前でのんびりと組み立て、空が明るくなるまで待合室で待つ。さすがに寒い。でもこの引き締まった空気が心地よい。
 辺りが明るくなり始めた7時過ぎに冷たい空気を切って走り出す。足柄の街はまだ静かだ。峠道は狭く、勾配はややきつめ。最初からギアをインナーに落としてゆっくりと登っていく。常に富士山に見守られている。
 「竹之下一里塚」を過ぎた辺りから道幅は急に広くなる。勾配はややおとなしくなり、里程表示を見て自分の走った距離を確認しながら上っていく。朝早いせいだろうか自動車には全く出会わない。自分の呼吸の音だけが聞こえる。
 しばらく走っていると「足柄古道」と書かれた案内板と、石畳の路が現れた。雰囲気に惹かれ、古道を担ぐことにした。古道に入ってすぐ左側にある馬頭観音にお祈りし、登る。実は石畳が敷かれているのは古道の最初と最後の数メートルだけで、後は普通の山道である。ちょっとがっかり。
 再び県道に戻り、芭蕉の句碑やら六地蔵やら多くの遺跡、石碑を横目に見ながら峠に到着。走った距離、時間は短いものの久しぶりのオンロードパスハンで腿がぱんぱんになってしまった。峠に着いて自転車から降りたときの充実感ってやっぱりいいねぇ。
  峠は90度の角度で鞍部を乗っ越している。峠全体が足柄城址となっていて、峠の鞍部には橋が架かっている。足柄城の連絡橋を復元したものだろうか。また、県境は稜線から東側にずれ込んでいて、峠が県境とはなっていない。
 峠の石段を登り、城址に立つ...と...、見事な富士が出迎えてくれた。裾野まで遮るものが何一つない絶景に、しばし見とれてしまった。気を取り直してファイヤーガードでコーヒータイムとする。冷たい空気の中、ベンチに座って熱いコーヒーをすする。目の前には見事な富士、そして城址には私一人...。なんて贅沢な時間だろう。
 峠を神奈川側に下り始めてすぐに看板があったので写真に納めた。「足柄峠」の上には「あづまはや」と書かれてある。その横には足柄の関跡が、峠路を挟んで向かい側には熊に跨った金太郎の石像がある聖天堂がある。
 峠路は万葉公園を過ぎた辺りで激しい斜度で下降を始め、それは地蔵堂手前まで続いている。逆コースをとらなくて良かったと思った。^^;
 矢倉沢まで下ってくれば、あとは気持ちのいいポタリングコース。山村の景色を楽しみながらのんびりとデポ地の山北駅に向かった。

目次に戻る