指 川 峠

静岡県松崎町
2002.1.12

周 辺 図 へ


 大峠から下り、峠に到着。見事な切通しの峠だ。しかしこの峠、少々奇妙だ。峠の両側の麓にある集落、峰と指川は、直線距離にして1キロも離れていない。両方の集落を流れる岩科川が暴れ川で、山側に路を通したということも考えられるが、この距離では不自然だ。
 しかしこの峠も島見峠と同じように大峠の連絡峠だとすればつじつまが合う。大峠はその南側に島見峠、北側に指川峠と2つの連絡峠を従えた重要な交通路だったのだ。
 切通しと大峠への路との交点内側高所に鎮座していた山神様。切通しの方向を向いていた。手前には石段も付けられ、結構由緒ありそうな感じだ。いつも通り手を合わせ、ここまでの無事を感謝し、これから先の安全を祈願する。
 山神様から少し離れた場所に建てられていた石碑。「奉納大乗妙曲六十六部供養」と読める。指川峠の成立となにか関係があるのだろうか。
 峠を峰集落側に下る。指川側の峠路は登山地図にも載っているので通る人も多いだろうが、こちらは廃道寸前の雰囲気だ。不明瞭な分岐が数カ所あるので、冷静な判断が必要となる。
 藪漕ぎ後、林道に合流。疲れたので舗装路に腰を下ろし、行動食のビスケット、小魚カルシウムを食べ、水で流し込む。久々のパスハンとしては少しハードだったようだ。でもこの心地よい疲労感、あー、いいなぁ。
 林道を峰集落に向けて下っていく途中にあった水場。3つ連続してある。土で汚れた手と顔をごしごしと洗う。いい気持ちだ。

目次に戻る