大  峠

静岡県南伊豆町−松崎町
2002.1.12

周 辺 図 へ


 島見峠で一休みした後、写真右側の路を大峠に向けて上っていく。
 別荘だろうか、所々に点在する民家を横目に黙々と上っていく。分岐点が幾つかあるが、全て右の道を選ぶこと。勾配は島見峠までの路と比べてかなりきつい。無理せず押して進む。
 今まで直線的だった路が蛇行し始めてきたら道路左側に注目。木々の間に大峠に通じる山道が延びている。ここには何の標識もないので注意が必要だ。.....でもここを見落としても心配ご無用。実はこの路をもう少し先に進むと暗沢山頂上の電波塔に向かう路と分岐する。電波塔方向に曲がり、少し上ると、左側に山道が現れる。この路から行った方が容易に大峠に到達できる。(この時点では知らなかった。)
 そんな容易な路があるとはつゆ知らず、勾配のきつい廃道寸前の路を上っていく。2002年最初の担ぎ上げだ。慎重に、一歩一歩足下を確かめながら進む。
 ワンピッチで峠に到着。天然の切通しで、静かで気持ちのいい峠だ。自転車とザックを投げ出し、あぐらをかいて地べたにどっかと腰を下ろす。そして本日初めての、お待ちかねのコーヒーをファイヤーガードで沸かす。昨年後半から色々なことが重なって殆どパスハンに行けなかったけど、やっぱり峠の空気っていいな。また再開できたことを祝い、峠の石仏と静かに乾杯した。
 峠で出迎えてくれた石仏。平たい石を組み合わせて作られた祠の中にちょこんと鎮座していた。きっと何百年も前からここで旅人たちを見守ってきたのだろうな。
 峠全景。写真中央やや左側に上記の石仏がある。その左側には島見峠に下る路、つまり今上ってきた峠路と、富士見平に上っていく路が2本延びている。写真右側はこれから下る岩科に向かう路だ。写真手前は暗沢山頂上の電波塔に向かう林道と合流する、地図には載っていない路だ。
 峠を下る。路の状況は島見峠側に比べて良くない。足を踏み外さないよう慎重に下っていく。途中杉林の中を通るのだが、キィキィとブランコを漕ぐような音、杉がきしむ音が悲鳴のように林中に充満し、不気味だった。
 コンクリ舗装の路に変わり、ほっと一息。この後下り路は複雑に分岐しているが、途中出会った女性ハイカーに教えてもらった通りの道順で指川峠を目指す。

目次に戻る