向  峠

静岡県天城湯ヶ島町−河津町
2002.1.13

周 辺 図 へ


 天城峠からほぼフラットな稜線上を歩き、向峠まで行くことにした。途中土砂崩れによって路が流されているか所があったが、そんなに危険なことはない。
 ゆっくり歩き、20分ほどで峠に到着。まずは標識の前で記念撮影。展望は効かないが、ちょっとした広場になっていて、弁当を広げるには良さそうだ。ところでこの峠、地形図や登山地図では天城峠から八丁池に延びる稜線上にぽつんと単独で記されているが、地図にない結構立派な山道が、いずれも河津町側に2本延びている。
 峠にあった石の道標。「右 寒天経路 左 御幸経路(経は旧字体)」とある。「御幸」とは皇族が通った路だろうから、そんなに古い道標ではないようだ。地図に載っていない「寒天経路」とは、寒天林道と合流する路なのだろうか。
 進行方向を写す。自転車が向いている左側は「御幸経路」で八丁池に通じる道だ。右側の「寒天経路」は寒天林道と合流するのだろうか。
 進んできた路を写す。右は今やって来た天城峠に通じる路。左は旧天城峠路と合流するものと思われる。ちなみに湯ヶ島側に下っていく路はない。過去はあったのかもしれないが、完全に藪の中だ。

目次に戻る