天 城 峠

静岡県天城湯ヶ島町−河津町
2002.1.13

周 辺 図 へ


 「伊豆の踊子」の気分に浸り、浄蓮の滝をデポ地として走る予定であったが、前日のアクシデントにより予定変更、旧道入口手前の「水生地下」バス停のハイカー用駐車場に車をデポして走り出す。朝早いにも関わらず、駐車場は満車状態だった。写真は旧道との分岐点。
 天城峠路は、痛んだ脚にとても優しい路だった。分岐点から最初の一瞬だけ勾配はきついが、あとはフラットに近い緩やかな勾配で旧隧道まで続いている。路面は一応舗装されているようだが、ところどころ剥げており、地道の峠路を走っているような感じさえする。補修されていないだけなのだが、特に危険というわけでもなくいい味を出している。周りの木々もすっかり葉を落とし、冬枯れのいい雰囲気だ。
 意外に多くのハイカーや自動車とすれ違いながら旧隧道に到着。案の定、観光客とその車でごった返していた。写真は人波が途切れた一瞬のチャンスに写したもの。これだけ見ると味のあるいい隧道なんだけど...。天城旧隧道はご存じの通り、川端康成の「伊豆の踊子」の舞台ともなった。伊豆で最も有名な峠と言って過言ではないだろう。しかしその雰囲気に浸るためには、もっと朝早く来る必要がありそうだ。
 数メートルほど隧道の中に入り、入口を写す。伊豆のガイドブックに良くあるショットなのだが、素人が写すとこんなものになってしまう。隧道の中の照明はランプに模しており、なかなか凝っている。
 隧道右側から延びている路を担ぎ、天城峠を目指す。「伊豆の踊子」以前の路だ。
 さすがに観光客もここまでは登ってこないようで、とても静かな峠路だ。序盤は勾配も緩やかで、道形もしっかりしている。周りの雰囲気もとてもいい。一歩一歩踏みしめながら峠を目指す。
 最後の九十九折れをワンピッチで登りきり、天城峠に到着。まずは峠の標識の前で記念写真。そしてベンチに座り、ファイヤーガードでモーニングコーヒーを沸かす。あーっ、いい気持ちだ。来て良かった。
 峠全景。峠は浅い鞍部になっているのだが、その鞍部の真ん中にベンチとテーブルが置かれている。ここでコーヒーを沸かしたのだが、通り抜けるには邪魔だろうな。何でこんな所に設置したんだろう。
 向峠にちょこっと寄った後、河津側に峠を下る。湯が島側に比べて若干路面は荒れている。慎重に下り、隧道の河津側に到着。そのまま隧道を通って湯ヶ島側のデポ地に戻った。旧隧道の湯ヶ島側も、水生地下のデポ地も、車の数が三倍以上に膨れあがっていた。
 デポ地から天城大橋を渡り、現在の天城トンネルを写す。伊豆を縦断する最重要の幹線だ。

目次に戻る