野 猿 峠

−旧道のあかし−

東京都八王子市絹ヶ丘−下柚木
1997.2.2

 実は野猿峠には、旧道は存在しないようです。昔からの峠路ですが、そのまま道幅を拡張し、現在に至っています。何の変哲もない「自動車峠」なのですが、嬉しいものを発見しました。
 この峠は昔、猿丸峠、申山峠、甲山峠と呼ばれていました。昭和20年後半に、京王帝都電鉄によりこの周辺にハイキングコースが整備され、この時初めて「野猿峠」という名前が登場し、今に続いています。  名付け親は京王帝都電鉄なんですね。ちなみにこの名前で、国土地理院発行の地形図に登場するのは、昭和28年の版からです。

周辺図へ


 現在の野猿峠。中央分離帯もある、4車線の立派な道路だ。ここまで立派だと、普通自転車で走ろうという気は起きない。
 北進車線側の「野猿峠」のバス停そばにあったもの。これは牛・馬のための水飲み場です。今でこそこうですが、昔はやはり険しい山道。 峠でやれやれと一服したいのは人間だけではありません。いつまでも残しておきたい昔の遺産ですね。

目次に戻る