大 垂 水 峠

−忘れ去られた旧道−

東京都八王子市−神奈川県相模湖町
1997.2.2

 大垂水峠に旧道があることを知っていました?もちろん小仏峠のことではありません。モータリゼーションの発達により、明治20年に小仏峠に代わり、大垂水峠が甲州街道の路になりました。 八王子側は、当時の道筋を拡張し、現在に至っていますが、相模湖側は大規模な路の付け替えが行われています。
 その結果、相模湖側の峠路は廃道として放置されていますが、道筋はしっかりとしており、のんびりと山岳ボタリングするには絶好の峠路となっています。

周辺図へ


 甲州街道「千木良」のバス停から南に分かれる。旧道の始まりだ。
 千木良の集落の中をのんびりと走る。大通寺を越え、最後の民家の手前で舗装が途切れる。勾配は緩い。
 道幅は広く、バラスもほとんどなく走りやすい。こんなに雰囲気のいい路が八王子近郊にあったなんて、ちょっと驚きだ。
 峠路は全般的にあまり展望が利かない。周りが開けてきたところで一休み。
 立派な道普請は旧国道のあかし。この前後に土砂崩れ、道路陥没、倒木などが連続しており、自動車では通行不可能。自転車だけの世界だ。
 雰囲気に浸っていると、ポンッと峠に出た。ここは相模湖側峠直下のつぶれた食堂の脇だ。ガードレールが厳重にひかれ、車は進入できなくなっている。

目次に戻る