綱 木 峠


    元の名前を松根坂峠という。米沢から檜原峠を越えて会津に行く会津街道の一つに組み込まれており、昔は賑わったという。しかし今では通る人も少ない静かな峠路だ。
 関の集落の手前の河原に車をデポして走り始める。路は未舗装だが、よく締まっており、勾配もそこそこで走りやすい。しかし高い木々に囲まれていて、展望が効かないのがたまに傷である。
 峠はヨイショッと山をぐるりと巻いている。やはり展望は効かず、ひっそりと静まり返っていた。

目次に戻る