御 伊 勢 峠


 御伊勢の集落にて路上デポする。前回(3月21日)来たとき、あまりに雪が深くて途中で断念したのだが、今回は何とか行けそうだ。念の為にサドルバッグにかんじきをくくり付けて、上り口のバリケードを突破して走る。
 道幅は狭いが峠付近まで舗装してある。路の両側にうず高く積み上げられた雪が、身体がオーバーヒートしないように冷気を放出している。時々木々の切れ目から、今上ってきた御伊勢の集落がまるで箱庭のように見える。勿論田畑はまだ雪の下なので、白一面の世界に赤や青や 色の屋根が、ぽつぽつと彩りを添えていてきれいだ。  そのうち舗装が途切れるが、雪解け直後なのに走りやすい。周りの雰囲気は良く、四季を通していつ来ても気持ち良く走れそうだ。
 峠は山をぐるりと巻いており、長沢側の景色がよい。下りは最初、ドロドロの悪路だったが、そのうち路面も落ち着いてきて、気持ちのいい杉林の中をすっ飛ばして長沢まで下って行った。

目次に戻る