小 滝 越


 小滝峠を下った小滝の集落は、まさに山あいの村という感じだった。茅葺きの屋根の家が続いてなんともいい雰囲気を作り出している。
 ここから峠まではかなりの急勾配で、立ち漕ぎしながら頑張って上る。峠は山をぐるっと巻いており、そのまま白鷹の街におりて行った。
 小滝から小滝越までの間に潜り滝(くぐりたき)がある。3キロくらい寄り道しなくてはならないのだが、一見の価値有り、である。岩のトンネルの中から水しぶきをあげて水流がながれ落ちる様はちょっと他では見ることができない。

目次に戻る