笠 取 峠


 三瀬から小波渡に至るまでの笠取山を抜ける道で、真下の日本海から吹き上げてくる風で笠も飛ばされそうになることからこの名が付いた。リアス式海岸沿いによくあるタイプの峠である。
 道幅が狭いため車両通行止めになっていたが、ごめんなさいと一礼してから乗りこむ。当日は雨が降っていたので余り景色はぱっとしなかったが、最初から最後まで海が見えて気持ちがいい。晴れていれば最高なのに・・と悔しがることしきりである。
 峠では雨の音に混じって波の音がよく聞こえる。しばらく雨に霞む水平線をじっと見ていた。

目次に戻る