イ ロ ハ 峠


 貫見の集落に路上デポして南に走る。小清の集落から左に折れ、細い、未舗装の急勾配の道を上っていく。分岐点にあった案内図では、イロハ峠路を「イロハブルーライン」と称していた。
 道はかなりひどかった。一見きれいに整備されているように見えるが、この山自体の地質が粘土質なので、グチャグチャして走りづらい。それを補うためにバラスが撒かれているのだが、その量も半端ではなく、走りにくいことこの上無い。道一面に撒かれたバラスが青々として見えるので、ブルーラインなのだろうか、とも思ったりした。
 また、最初から最後まで九十九折が続く峠道は、その勾配も相当あり、とても乗って上れる道ではない。ついに途中から押しとなった。
 峠の名前が結構変わっているので調べてみたのだが、わからなかった。小清か大暮山の子供たちが、イロハ(読み書き)を習いに通った道なのでこんな名前が付いたのかな、と自分なりに風流なことを考えていたのだが、実際に走ってみてはたと思いついた。この勾配といい、九十九折といい、日光のイロハ坂そのものじゃないか。ひょっとしてその名前をとって・・。多分この想像は当たっているのではないかと思う。
 峠は田代山から下りてきた林道との三叉路になっていた。展望は良く、ホット一息というところである。
 峠の下りはもっと状態が悪かった。道幅が狭く、轍もかなり深い。慎重に大暮山まで下った。

目次に戻る