湯 ノ 沢 峠

山梨県大月市−大和村
1999.7.25

周 辺 図 へ


 六本杉橋と焼山沢橋との間に車をデポ。早朝の杉林の中を上っていく。勾配は結構きついが鳥の声に励まされながら頑張る。途中、登山者を乗せたタクシーに何台も抜かれる。(写真は焼山沢橋)
 八大龍王社にて。ずいぶん立派な祠だ。この上の焼山集落は既に廃村になっているので、下の木賊集落の人たちが手入れをしているのだろう。道中の安全を祈願する。
 廃村になった焼山集落の民家の前にて。廃村になってまだ間もないのだろうか、まだ家がしっかりしている。ここの持ち主は今どこでどんな生活をしているのだろう。
 焼山沢林道と登山道との分岐点。案内標識は結構しっかりしている。登山道は大きな岩2つでバリケードが築いてあった。林道を離れ、登山道に突入!
 工事(治山工事らしい)用の林道をしばらく歩いた後、いよいよ登山道にはいる。ずっと沢筋を歩くので、常に周りがひんやりとして気持ちがいい。たまに沢の水で顔を洗ったり手を冷やしたりしながら進む。勾配は峠直下までほぼフラット。路面状態は普通だが、草がぼうぼうに路を覆っているのでコースを踏み外さないように注意が必要。
 峠直下の急勾配の山道をよたよた登り、避難小屋の前を通って峠に到着。峠は駐車場になっていて、先ほどの焼山沢林道を上ってきた登山者の車がたくさん止まっていた。峠自体は展望が効かない。
 峠から焼山沢林道を下る。先ほどの登山道との分岐点直前まで未舗装路だが、路面の状態は非常にいい。展望にも恵まれ、爽快にデポ地までぶっ飛ばして下っていった。

目次に戻る