天 神 峠

埼玉県名栗村−飯能市
2000.2.11

周 辺 図 へ


 県道70号線を北進し、原市場中学の交差点を左折、妻沢林道に入る。沢に沿い、なだらかで快適な道が続く。写真は妻沢の集落。ほのぼのとした感じがとてもいい。
 妻沢集落内の道ばたで見つけた祠。いったいなにを祀っているのだろう。
 いつしか舗装も途切れ、地道となる。しかしまだ勾配は緩やか。沢の音とタイヤと地面が噛み合う音を楽しみながらペダルを漕ぐ。
 最後の民家の前を通過すると、緩やかな勾配を保ったまま荒れた山道となる。まだ道幅は広い。しかし倒木の数が半端でなくなる。写真は最も激しい倒木群。これらの倒木は結構前からあるらしく、道の山側に倒木の上を巻く道が(かすかだが)付けられていた。どうやらこの倒木を取り払う予定はないようである。
 ここを突破してもまだ倒木群は続く。少々嫌気がさしてくる。
 うんざりしながら黙々と倒木群をクリアしていく。いつしか勾配はきつくなり、倒木はなくなった。顔を上げると周りが明るくなってきており、峠近しの予感がする。頑張れ、あと少しだ。
 峠に到着。見事な切り通しの美しい峠だ。峠道は難儀したものの、これだけきれいな姿の峠を見れただけでも来た甲斐があったというものだ。地べたに座り、山肌に背をもたれてしばしの休息。切り通しの向こう側から来る陽の光に身を委ねていた。
 下り道の勾配はきついが、状態はとてもいい。倒木もあるにはあるが、簡単にクリアできる。沢に架かる丸木橋を渡って林道に合流、そのまま下っていく。
 注意) 丸木橋を渡って合流する林道は、そのまま下に下ること。上に登っていく林道は送電線の鉄塔に向かう道で、仁田山峠に行く道ではない。(私は間違ってその道に入り込み、随分迷ってしまいました。)
 バラスの色も青々しい、新林道に合流。これが赤沢から上ってきた新しい林道だ。ちなみに昭文社の登山地図にはこの林道はまだ掲載されていない。輪を右に向け、仁田山峠目指して登っていく。

目次に戻る