高 篠 峠

埼玉県都幾川村−横瀬町
2000.7.9

周 辺 図 へ


 刈場坂峠路を下りきり、ここは竹の谷。「山女魚の里」ということで、釣り堀が多い。橋倉川に架かる橋の手前を左折し、高篠峠に向かう。
 橋倉川沿いにじわじわと高度を上げていく峠路。道は全舗装で広く、走りやすいのだが、暑さと勾配でへろへろ状態。木陰が多いのと蝉の声が救い。
 えっちらおっちら上っていると、急に視界が開け、今上ってきた竹の谷集落が遠くに見えた。思わずにんまりしてしまう瞬間だ。よしよし、この調子で頑張ろう。
 この峠路唯一の水場。我慢できず頭から水を被り、全身を冷やして大休止。生き返った気分だ。
 水場を過ぎると勾配は幾分緩くなり、ペダルが軽くなる。峠近しを感じるが、木々の背が低くなり、直射日光がきつい。
 暑さでへばりながらもどうにか峠に到着。峠は本来の峠路と、尾根沿いに走るグリーンラインとの交差点になっている。山の緑より舗装路の灰色ばかりが目立ち、わかってはいたことだが興ざめしてしまった。写真は白石峠方面から峠全体を写したもの。左側が上ってきた峠道。
 峠の東側に峠の碑があったが、雑草に埋もれていた。なお、「風土記稿」定峰村の項では高篠峠のことを大野峠とよんでいた。

目次に戻る