仙 元 峠

埼玉県長瀞町−寄居町
2001.2.4

  長瀞町付近の地図を見ていたら面白いことに気が付いた。秩父山地の稜線の上に長瀞町と寄居町の境界線が引かれているのだが、その両側とも大字の名前が「風布」なのだ。少し調べてみるとその理由はすぐわかった。
  昭和初期まで秩父郡白鳥村という村があり、「岩田」「金尾」「井戸」「風布」「下田野」の五つの大字からなっていた。秩父事件の中心地としても有名なところだ。そして昭和18年の町村合併時に白鳥村は消滅、土地はそれぞれ寄居町と長瀞町に分割編入された。しかし村内の秩父山地をまるまる飲み込んだ「風布」だけはどちらか一方に編入することができず、稜線を境に真っ二つにされてしまったのだそうだ。
  白鳥村大字風布は中央に山地を持ち、その東西に開けた秩父ではちょっと珍しいところである。山地には南から「塞神」「仙元」「葉原」の三つの峠があり、それぞれ通学、役場通い、買い出し等土地の人々に密着し、生活していく上で大きな役割を果たしていた。時代は流れ、今、それぞれの峠路は林道化されてしまっているらしい。風布の人達にとって見れば交通の便が格段に良くなり、素晴らしいことだ。長年人々に愛され、秩父事件でも脚光を浴びたこの三つの峠、今はどんな顔をしているのか見に行きたくなった。

周 辺 図 へ


 塞神峠から下ってきて、ここは扇沢の集落。田畑も家々もすっかり雪に覆われ、白一色の世界。静寂が支配している。
 と書けばかっこいいかもしれない。実はこの写真を撮っている真後ろは日本水の取水場。背中から嬌声やら車のクラクションやら聞こえて静寂どころの騒ぎではない。ははは...。
 取水場から少し上に戻り、水道施設?(違うかもしれない)の脇から峠路に入る。山道みたいな感じだが、ちゃんとコンクリで簡易舗装されている。最初は急勾配で扇沢集落の上方まで上っていく。
 峠路中程になると勾配も多少落ち着き、自転車を肩から降ろして雪の上を転がして進む。なかなかいい感じだ。この峠路は昔、蕪木の子供達が小学校に行くために越え、そして反対側の扇沢の子供達が高等小学校に行くために越えた道だ。私はともかく、子供達にとって見れば特に雪道なんかは辛かったろうな。
 程なく峠に到着。峠には浅間神社が建っていた。きっと両方の集落の氏神様なのだろう。この仙元峠は、塞神、仙元、葉原の風布三峠の中で、最も往時の雰囲気を残している峠だと思う。何時までもこんな所が残っていてくれるといいな。雪のない場所に腰を下ろし、往時の情景を想像しながらコーヒータイムを楽しんだ。
 神社の前にあった峠の石碑の前で記念写真。最近作られたものなのだろう。
 神社に一礼した後峠を下る。といっても蕪木側の峠路は完全に雪に閉ざされていた。あたりをつけて下ってみたがどれも確信が持てず、途中で迷ってしまった。意を決して稜線に出たところ、運良く先ほど上ってきた塞神峠路と合流して下り、事なきを得た。

目次に戻る