塞 神 峠

埼玉県長瀞町−寄居町
2001.2.4

  長瀞町付近の地図を見ていたら面白いことに気が付いた。秩父山地の稜線の上に長瀞町と寄居町の境界線が引かれているのだが、その両側とも大字の名前が「風布」なのだ。少し調べてみるとその理由はすぐわかった。
  昭和初期まで秩父郡白鳥村という村があり、「岩田」「金尾」「井戸」「風布」「下田野」の五つの大字からなっていた。秩父事件の中心地としても有名なところだ。そして昭和18年の町村合併時に白鳥村は消滅、土地はそれぞれ寄居町と長瀞町に分割編入された。しかし村内の秩父山地をまるまる飲み込んだ「風布」だけはどちらか一方に編入することができず、稜線を境に真っ二つにされてしまったのだそうだ。
  白鳥村大字風布は中央に山地を持ち、その東西に開けた秩父ではちょっと珍しいところである。山地には南から「塞神」「仙元」「葉原」の三つの峠があり、それぞれ通学、役場通い、買い出し等土地の人々に密着し、生活していく上で大きな役割を果たしていた。時代は流れ、今、それぞれの峠路は林道化されてしまっているらしい。風布の人達にとって見れば交通の便が格段に良くなり、素晴らしいことだ。長年人々に愛され、秩父事件でも脚光を浴びたこの三つの峠、今はどんな顔をしているのか見に行きたくなった。

周 辺 図 へ


 早朝の長瀞町役場に車をデポ。野上から高砂橋を渡って荒川対岸に向かう。この少し下流に長瀞ライン下りの下船所がある。雪の荒川もなかなか風情があっていい。
 荒川左岸に取り付いた後は右折し、荒川上流に向かって走る。途中「登谷高原牧場入口」と書かれた大きな看板を左に曲がり、風布を目指す。勾配は比較的緩やか。除雪されているというものの、雪の量はかなり多い。
 風布の入口にある急勾配の九十九折れ。一部凍結していたため、降りて押した。ところが不注意から足を滑らせて転倒し、舗装路を数メートル滑り落ちてしまった。この際に右ふくらはぎが肉離れを起こしてしまい、大休止。
 九十九折れを上りきったところが蕪木の集落だった。山肌にへばりついているといった感じで、山に生きる凄さというか迫力を感じてしまう。まだ朝早いせいか、人の姿を見ることはできなかった。
 大鉢形方面に下っていく分岐点を過ぎるといきなり雪が現れた。ここから峠までは全く除雪されていない。とは言っても四駆が通った後もあり、ふくらはぎ程度の積雪だったのでそのままドカドカと進む。距離も結構長く、一部担ぎも出てしまったが、久しぶりの雪中行軍、それなりに楽しむことができました。
 雪まみれになって峠に到着。碑の前で記念写真。それにしても立派な碑だ。
 峠全景。峠は三叉路になっている。写真左の四角い看板のあるところから上ってきた。写真右が扇沢に下る峠道。写真下が釜伏峠に通じる尾根道で、この道だけがきれいに除雪されていた。写真中央に、上の写真の峠の碑がある。
 上の写真の左側に大鉢形に通じている旧道の山道があり、峠から少し下った場所にこの峠名の元になった塞神様が祭られていた。こういった光景を見ると、不思議にほっとしてしまう。
 リムに付いた雪を落ち葉で充分に拭き落とし、峠を下る。ここは下って最初の集落の扇沢。美味しい湧き水として有名な「日本水」(やまとみず)の取水場だ。私もボトルに詰めようとしたが、あまりの行列の長さにあきらめ、次の仙元峠を目指すことにした。

目次に戻る