定 峰 峠

埼玉県秩父市−東秩父村
2000.3.19

周 辺 図 へ


 西武バス終点の定峰バス停から走り始める。沢沿いのなかなかいい道だ。途中、牛馬守護神と書かれた石碑を目印に左に曲がり、新道を離れて旧道にはいる。
 定峰の集落を走る。勾配のきついところは無理せず押した。山里という感じがとても良い。梅の花が満開だった。しかし犬を飼っている家がやたらと多い。私が通る度にその周辺の犬のワンワン、バウワウの大合唱が始まり、集落内は大騒ぎだった。
 なぜか時計が付いている道標。よく見ると登山地図にもこの道標の存在が描かれてある。この峠路の名物になっているみたい。
 最後の民家を過ぎると、程なく道は再び新道に合流する。意外と景色も良く、勾配も緩い。アウターでグイグイと上った。早朝にも関わらず、行き交う車は結構多い。通行の際は注意すること。
 新道の上りの途中にて、景色の良いところで小休止。秩父の街が一望できる。気持ちがいいね。
 峠に到着。珍しくアウターのまま上れてしまった。峠は三叉路になっていてとても広い。バーベキューガーデンやら売店やらがひしめいている。この峠は桜の名所として有名で、シーズンには上から下まで峠路全体が桜の花で一杯になるという。後数週間もしたら、きっとここは車と人で埋め尽くされてしまうんだろうな。
 峠の看板前にて記念写真。
 下りの途中にて。箱庭のような白石の集落を見下ろして、高く積まれた薪を背もたれにして一休み。ポカポカして気持ちがいい。つい寝てしまいそうだ。天気予報は悪かったが、今日はついている。

目次に戻る