七 重 峠

埼玉県東秩父村−小川町
2000.8.12

周 辺 図 へ


 白石峠からは殆ど下りの路が続く。ここもふるさと歩道として一般車両の通行を制限しているようだ。景色の素晴らしい山岳ルートで、自転車で走り過ぎてしまうのがもったいない。ブレーキをかけながら、のんびりと地道の感触と展望を楽しんだ。
 少し上って白石から延びてきた峠路と合流。勾配が少しきつめの峠路をインナーローでよたよた上っていく。台風が近づいて来ているせいだろうか、雲が多くなってきた。
 分岐点からワンピッチで峠に到着。笠山と堂平山をきれいに二つに分けた峠で、別名笠山峠とも言う。碑や看板などはないようだ。峠では木の切り出し作業の真っ最中で慌ただしく、天気も気になっていたので少し休んだ後、早々に下ることにした。
 下り道は結構豪快、風を切り裂くようにかっ飛んで下ることが出来る。展望も素晴らしく、あいにくの悪天候が残念だ。途中の水場では何台も車が止まっていて、多くの人達が水を汲んでいた。名水なのだろうか。
 手が疲れた頃、山肌にへばりつくようにしている家々に気が付いた。あれは栗山集落だ。ゴールは近いぞ。

目次に戻る