粥 新 田 峠

埼玉県皆野町−東秩父村
2000.5.4

周辺図はちょっと待ってて


 県道82号線、長瀞玉淀自然公園線を栃谷から北に走る。「高原牧場入口」のバス停から右折。レトロな郵便ポストが目印だ。山里の雰囲気が漂っている。
 広町から峯にかけての道は、勾配はかなりきつい。通る車が少ないことをいいことに蛇行を繰り返す。峯の集落を過ぎると勾配も幾分落ち着いてくる。木陰を見つけて小休止。
 えっちらおっちら登ってくると、突然視界が開けてくる。この辺一帯は山の斜面を利用して「県営秩父高原牧場」として開かれているのだ。いつもとは違う峠路の雰囲気。山形の鳩峰峠を思い出す。
 牧場の中の小ピーク、というかニセ峠。まんまと騙されてしまった。しかしここからの景色は素晴らしく、草の上に胡座をかき、遠くの山並みを眺めながらティータイムとした。うーん、いいねぇ。
 その後、一部未舗装の区間もあったりして牧場の中の緩いアップダウンを楽しみながら走り、峠に到着。林道上のピークをしばらく下ったところに存在する。峠の標柱は「粥仁田峠」となっているが、色々と表記の仕方があるらしい。峠には立派な東屋があった。
 あまりにも峠の位置が不自然なので、きっと旧道があるはずだとあちこち探してみて写真の場所を発見。これ以外には道らしい物はなかったので、多分これが旧道だと思われる。しかし完全に藪に覆われていた。
 峠の脇にある「粥仁田地蔵」。個人が作成した秩父事件の映画「山襞の叫び」の未使用フィルムを供養した物であるという。

目次に戻る