傘 杉 峠

埼玉県飯能市−越生町
2000.7.20

周 辺 図 へ


 志田集落。高山不動尊から下りてきて、傘杉峠への分岐点。左の道から下りてきて、右の道を上っていく。写真は南西側から写す。分岐部分には高山不動尊の大きな石灯籠があるので、迷うことはないでしょう。
 峠路は最初、八徳入(入=沢のこと)に沿ってじわじわと高度を上げていく。木陰も多いため、涼しく走りやすい。凄まじい蝉時雨と、迫力ある沢の音に思いっきり「夏」を感じてしまった。うーん、気持ちいい。
 しばらくして路は沢を離れて山肌を九十九折れで駆け上り、八徳の集落に入っていく。九十九折れの合間の土地を利用して畑作を行っている。のどかな光景だ....。しかし当然のことながら集落内の勾配はきつい。のどかな景色で目を騙し、ひーひー言いながら上っていく。
 汗だくになって奥武蔵グリーンラインとの三叉路に到着。ガードレールに腰掛け、ボトルの水を一気に飲み干す。ボーッと休んでいたら、文京区から自走してきたというクイックエースのサイクリストと出会った。しばし自転車談義に花が咲く。
 西側に少し下って峠に到着。グリーンラインの他の峠に比べても立派な碑だ。何か地元の人達の特別な思い入れでもあるのだろうか。
 左側の道標の脇に、黒山三滝に通じる旧道が延びている。
 峠全景。西側から写す。峠の碑や看板は越生側にある。グリーンラインの開通前に来たかった。きっと雰囲気のいい峠だったんだろうな

目次に戻る