官 ノ 倉 峠

埼玉県東秩父村−小川町
2001.3.17

周 辺 図 へ


 安戸の街を上品寺の角を曲がり、北上する。写真左側の山が官ノ倉山だ。
 民家の庭に入っていくような細い道が官ノ倉峠への入口だ。小さな道標があるにはあるのだが非常にわかりづらい。地元の人に尋ねてようやくわかった。
 峠路の序盤は畑、梅林の中を歩く。山里のなかなか雰囲気のいい路だ。標高差は殆ど無いが、梅林越しに見た安戸の街はなかなか「絵」になっていた。
 峠路は意外と道幅が広く、勾配もきつくない。といってもこの道を乗車して上るだけの根性もないので、身体全体に感じる峠の気を楽しみながらのんびりと進む。
 大きな庚申塔の分岐点。右に上れば官ノ倉山へ、左に行けば官ノ倉峠に続いている。ここまで来れば峠まではあと少し。気合いを入れて左の道に分け入っていく。
 峠直前にあった道標。「右 よりい 左 やま乃」と読めるような読めないような....(^^;
 峠に到着。写真は北側から撮影。峠は官ノ倉山直下の鞍部に位置し、結構広い。ハイカーが休めるように、木でできたベンチが幾つかある。杉林の中なので少々くらいイメージだが、落ち着いた感じの峠だ。ベンチに腰掛け、しばし休憩。恐ろしいくらい静かだ。物音一つ聞こえない。
 上の写真で自転車がもたれ掛かっている木の標柱の上部に、薄くマジックで峠の名前が書かれていた。他に峠名が書かれているものはない。
 北側の峠路。岩が露出しており、南側と比べて勾配も結構きつそうな感じがする。下って周回するつもりだったが、空模様が怪しくなってきたので、ピストンで安戸まで引き返した。

目次に戻る