刈 場 坂 峠

埼玉県飯能市−都幾川村
2000.7.9

周 辺 図 へ


 正丸峠と正丸トンネルとの分岐(東側)にある馬頭尊。歴史ある古い峠路にはつきものだ。そっと手を合わせ、今日のパスハンをスタート。
 正丸峠の分岐を過ぎ、刈場坂の集落を過ぎたところで、「道路崩壊により通行止め」の案内とともにバリケードが築かれていた。前進か撤退か迷ったが、後から上ってきた2組のハイカーが突破していったので、その後にくっついて自転車を押して突破した。そしてしばらく進み、崩壊箇所に達した。確かにこれでは全く通れない。歩行者用の道は作られているが、急斜面の直登でかなりきつい。自転車を肩に掛け、張られたロープを手繰りながら上っていく。うーん、やっぱり「担ぎ」が出てしまった....。
 崩壊地を過ぎると、道は全舗装なのだが長い間全く手入れがされていない上、昨日の台風3号の影響で、荒れ放題に荒れている。路面に気をつけながら慎重に進んでいく。
 写真の場所は刈場坂峠旧道との分岐点。カーブミラーの裏に山道が続いている。案内標識等は全くないので注意が必要。本日はオンロードパスハンに徹したいため、旧道はパス。
 虚空蔵峠を過ぎると道の勾配はやや落ち着き、乗りやすくなる。蝉の声をバックに後一踏ん張り。
 峠に到着。まずは大きな碑の前に座り、ボトルの水をがぶ飲みする。タオルで汗を丹念に拭き、しばしの休息。この達成感、やっぱりパスハンは止められません。
 峠全景。峠は立派な三叉路になっていて、正面の建物はりんどう茶屋。営業はやっておらず、大きな屋寝付き休憩所になっている。最初上ってきたときは誰もいなかったが、一周して大野峠から下りてきたときにはたくさんの人達が休んでいた。
 峠からは北側の展望が素晴らしい。大野の集落が一望できる。爽やかな風を感じながら大きな伸びを一つした。えもいわれぬ気分になった。
 峠を下る。涼しい風を全身に受け、身体を右に左に倒しながらワインディングロードを駆け下る。下り勾配が緩くなり、ほっと一息ついたとき、谷の向こう側の山肌に張り付いている集落に気が付いた。竹の谷だ。

目次に戻る