権五郎落峠

埼玉県小鹿野町−両神村
2000.11.18

周 辺 図 へ


 国道299号線を西進。三田川小学校を過ぎたところにある「飯田橋バス停」を左折。赤平川に架かる飯田橋を渡って峠を目指す。
 峠路はセンターラインこそ無い物の、全舗装されていて広い。勾配もほとんどなく、ペダルをくるくる回して登っていく。
 程なく峠に到着。あまりのあっけなさに、正直拍子抜けしてしまった。峠は浅い切通しになっていて、その両岸は石垣で整備されていた。峠の両神村側には廃材置き場らしき物があり、若干風情に欠ける。
 峠名が変わっているので、昔調べたことがある。権五郎という人が何かを落としたのか落とされたかした峠だと思っていたが、「ごんごうおとし」という読みに何か意味があるらしい。その時はなるほどと納得したのだが、残念ながらきれいさっぱり忘れてしまった。再度調べてここにアップしたい。
 両神村側に下ると直ぐに集落がある。ここは「御霊」と呼ばれている。うーむ、なにか深い意味でもありそうな.....。

目次に戻る