三 増 峠

神奈川県津久井町−愛川町
1998.12.12

 志田峠・三増峠は古い歴史を持つ峠路だ。縄文時代の遺跡もあれば、鎌倉古道・山辺の路として歴史に記され、北条氏と武田氏の合戦場としても知られている。

周 辺 図 へ


 愛川町側からえっちらおっちら上る。三増トンネルのすぐ手前右側に旧峠への入口がある。しばし体を休めてから峠に向かう。
 峠路の序盤はコンクリで固められた道を進む。全体的によく整備されている感じ。
 峠路の中盤は階段。結構歩かせられる。3ヶ月ぶりにパスハンを再開した身にとって、短い距離だがかなり堪える。
 峠直下。落ち葉でふかふかの峠路を歩く。踏み出す度に聞こえる「カサッ、カサッ」という音がとても心地よい。空気が澄んでいるので、遠くの山々まで見渡せる。
 峠に到着。標高は318メートルしかないそうだが、とても雰囲気がよい。
 峠の碑から峠路を挟んで反対側にあった石仏。古くからの峠路の証だ。ずっと昔からここで通りゆく旅人を見つめていたのだろう。私も目を閉じ、手を合わせた。
 先ほどの峠の碑からもう少し上ったところに林道上の峠がある。
 林道上の峠の標柱。
 林道を下る。三増トンネルのある県道65号線に合流するためには左側の路を選ぶ。林道の状態はいい。勾配はきつくなく、道幅は広く、轍もバラスも気にならない。久々のパスハン、心行くまで楽しめた。

目次に戻る