切 通 峠

山梨県山中湖村−神奈川県山北町
1999.8.22

周 辺 図 へ


 三国峠をいったん下り、切通峠に向けて上り返す。写真は吉政の分岐点。右に大きくカーブすれば三国峠へ。左を直進して切通峠に向かう。
 テニスコートとサッカーグラウンドの密集地帯を走る。この道に入る前に切通峠の道標があり、峠に行くには左に曲がるようかかれてある。しかしその道標どおりに進むと高指山経由で峠に行くことになってしまうので、道標には従わず、直進したほうがよい。
 グラウンドの密集地帯を過ぎた後の分岐点を右に行き、峠を目指す。道は次第に荒れてきて、こんな状態になる。道が雨により削られて、その後全く補修していないので歩きにくいことこの上ない。
 実はここに至るまで、2回分岐を間違えて違う山道に入り込んでしまったのだが、その2回とも嫌なものを見てしまった。「車両の乗り入れ、持ち込み絶対禁止」という趣旨のことが書かれた警告板。そして狭い登山道を塞ぐように4、5本杭が打ち込まれ、そこにチェーンが巻かれていた。過去、よほど悪い奴らが荒らしまわったのだろうか。幸いこの峠道にはその警告板はなく、バリケードも撤去された跡があった。
 この山道が補修されていない理由が自転車締め出し対策だとしたら.....、悲しすぎる。
 雨水に浸食された部分をまたぎ、がにまたで進む。ようやくクリアして1回山を巻くと急に空が開け、明るい感じになってきた。終始勾配はゆるい。
 程なく峠に到着。人工的に少し削った感じがする浅い切通しの峠だ。地べたに腰を下ろしてしばし休憩。展望は全くきかない。
 峠の碑。高指山側にある。
 峠全景。明神山方向に少し上って撮影した。

目次に戻る