新 道 峠

山梨県芦川村−河口湖町
1999.11.14

周 辺 図 へ


*今回のみ使い捨てカメラでの撮影です。

 すずらん峠から河口湖側に降り、中沢林道から新道峠を目指そうと思ったが、肝心の下り道が廃道になっていたので、やむなく尾根沿いに峠に行くことにした。意外と雰囲気は良く、ちょっと得した気分。
 破風山の山頂から少し西側に進んだところからは富士山がはっきりと見えた。
 峠に到着。破風山と中藤山との間の緩い鞍部に位置している。峠の雰囲気、峠の碑、など、先ほどのすずらん峠と酷似している。ただ、芦川側の峠のすぐ下に林道が通じているため、展望を手軽に楽しもうと軽装のハイカーが多く、賑わっていた。このコースならば家族連れのハイキングもいいかもしれない。
 すずらん峠と異なるもう一つの点は、展望がより素晴らしいことだろうか。写真でははっきりと写っていないが、富士山はもとより河口湖の湖面まではっきりと見えた。
 峠から芦川側に約3分弱下ると水ケ沢林道に取り付く。林道終点は紅葉狩りの車が鈴なりになっていた。

目次に戻る