女 坂 峠

山梨県上九一色村
1999.12.19

周 辺 図 へ


 精進湖畔のマウントホテル前にある県営駐車場に車をデポ。湖畔はオートキャンプの人達で賑わっていた。
 本当は北側から登って南側に抜けたかったのだが、北側の峠路の状態に不安があり、逆コースをとることにした。
 精進湖畔をのんびりポタリングしたあと、「精進」バス停がある「かどや」の角を北に折れ、集落の中の舗装道を峠に向かう。舗装道といっても勾配はきつく、ヒーヒー言いながら狭い道を蛇行して登っていく。意外と年代物の家々が立ち並び、眼を休ませてくれるのが救いだ。
 舗装路から地道に変わり、道幅が徐々に狭くなってきて、いつの間にか山道になった。総じて勾配はきつい。またこの山も岩場が多いせいだろうか、峠路の中程になると大きな岩がごろごろ出てきて非常に歩きづらい。
 手入れはしっかりとされているようだ。峠路の谷側には景観を壊さない程度に策が施され、特に勾配のきついところは階段が整備されている。
 峠路後半の様子。きつい九十九折れの道を、ガサガサと落ち葉を踏みしめ、黙々と登る。法面(ってこういう場合にも使うかどうか、ちょっと自信ない)部分はかなり年代物の補修の跡もあり、この峠路の歴史を感じる。
 陽の光をいっぱいに浴びて峠に到着。尾根のちょこっとした窪みに路を通した、といった形状で、適度に広く、明るく、感じのいい峠だ。休憩を含め、バス停から約四十分程度かかった。
 この峠路の歴史は古い。以下は峠の麓にあった案内板からの抜き書き。
 「(前略) 古代、甲斐国の政治の中心が釜無川以東にあったことから、縄文・弥生時代、文化の道として、鎌倉時代には甲斐源氏の武田信義、安田義定らの武将や戦国時代には武田信玄、織田信長、徳川家康等の名将が往来した軍用道として、本栖、古関には関所がおかれました。
 江戸時代には駿河から塩、海産物の輸送路として伝馬制がしかれ、産業の道として活況を呈したのでありますが、明治以降、鉄道の開通と自動車道路の発達により忘れられた道になろうとしています。(後略)」
 峠全景。三方分山方向に少し登って写す。写真右側の道から登ってきた。写真左側には日陰になっていてわかりづらいが、四体の道祖神(多分)と句碑がある。昔からの峠路の証だ。句碑は文字が擦り切れていて全く判読できないが、麓の案内板によるとこう書いてあるそうだ。
 「生魚の二十里走る郭公鳥」
 産業道路として賑わった江戸時代のものだろうか。
 残念ながらこの峠自体は全く展望が効かない。しかし五湖山方向に少し登ると精進湖の大展望が広がった。富士山は木々の間からちょこっと顔が見えるだけだった。
 さて、問題の北側の峠路である。昭文社の県別マップルには記載されているが、同じ昭文社の登山地図には記載されていない。
 結論から言うと、なんとか通ることができた。しかし廃道寸前のひどい道だった。下りはじめは藪があることを除けば道形もしっかりしていて快適な道だった。しかし下に降りるほどに状態が悪くなる。土砂崩れ箇所が頻繁にあり、その度に道形が消え失せ、慎重に調査しなくてはならない。乗り越えるさいの足場が悪く、また、付近は棘のある植物が群生していて、軍手をしていても崩壊地を一つ乗り越えるたびに手が血だらけになってしまう(ちょっとオーバー)。勾配がひどく、尻餅をして降りなければならないところも数ヶ所あった。
 何とか無事に下ってきたものの、今考えると冷や汗が出てくるような場面も何度かあった。あの道を逆に登ろうとは思わない。空身であってもまず間違いなく道に迷ってしまうだろう。この道を地図から消去したのは正解だと思う。なお、この道は地図とは異なり、精進湖隧道の真横に出た。
 現在、女坂峠の真下を走っている精進湖隧道。交通量は結構多い。ここを通ってデポ地に戻ったのだが、トンネル内の轟音に生きた心地がしなかった。

目次に戻る