御 坂 峠(1/2)

山梨県河口湖町−御坂町
1999.10.9

周 辺 図 へ


 船津から見た早朝の河口湖。遠くに見えるのは河口湖大橋。風が気持ちいい。今回より河口湖周辺の峠を訪問する。
 国道137号線の新御坂トンネル。さすがに大動脈だけあって交通量が多い。湖畔からここまで自転車で上る計画だったが道中渋滞に遭い、時間が大幅に遅れたため、トンネル脇の駐車帯に車をデポイントした。
 新トンネルから旧トンネルまでの道は全舗装。道幅も広く、勾配も緩い。いつも通り前ギアをインナーに落として早い回転で上っていく。残念ながら道中あまり展望は開けないが、なかなか気持ちのいい路だ。ただしこちらも交通量は多い。要注意。
 新トンネルからのんびり40分弱で旧トンネルに到着。なかなか古めかしい作りで、トンネルのプレートは「天下第一」(「第」は略字)と書かれてあった。ちなみに反対側の御坂町側の旧トンネルのプレートは「御坂隧道」と書かれてある。このトンネル、中は平坦ではなく、しっかり勾配がある。
 旧トンネルの脇には、ご存知「天下茶屋」がある。なかなか雰囲気のいい建物で、近辺の景観と見事にマッチしている。今回は行かなかったが、ここから15分ほど上ると「太宰治文学碑」がある。
 峠からの景色。本当ならば見事に富士山が見えるはずなのだが......。わずかに河口湖が見えるだけだった。次回に期待しよう。
 旧トンネルを御坂町側に下る。意外と長く感じる。ヘアピンカーブが連続し、面白い。久々に熱くなった。

御 坂 峠 (2/2) へ