秦 野 峠 (新)

神奈川県松田町−山北町
2001.6.9

車 両 進 入 禁 止

 関東近辺のサイクリストには周知の事実なのですが、丹沢の林道は殆どが車両進入禁止です。そして自転車の乗り入れも明確に禁止しています。この秦野峠林道も、役場で確認した結果、自転車の通行は法律で禁止されていました。それならば、ということで、今回は自転車には留守番をお願いして、徒歩で挑戦してみました。

周 辺 図 へ


 寄大橋手前の広場に車をデポ。軽く準備運動をしてから歩き出す。直進すれば雨山峠へ、左に行けば二つの峠を越えて丹沢湖に出る。今回は橋を渡り、秦野峠を目指す。「車両通行禁止」の林道なので、自転車は家でお留守番だ。
 寄大橋を渡り、少し進むとゲートが現れる。左側の隙間をすり抜けて突破。
 沢を幾つも横切りながら、道は緩い勾配でじわじわと峠に向けて上っていく。自転車に乗っていればアウターローぐらいかな。道幅も広くて歩きやすいのだが、足裏に受ける衝撃が、どんどん蓄積されていくのが気がかりだ。
 寄大橋手前辺りを起点として、峠路には里程標が置かれている。ハイカーの目安になってとても便利だ。ちなみに林道秦野峠は「6キロ」標識手前、ブッツェ峠は「9キロ」標識先にある。
 峠路ではこのような白い花をつけた木が群生していて、心なしか甘い匂いを発していた。こういう時、自分も花の名前とかわかるといいなぁ、と思う。
 菰吊沢橋を越えた4キロ標識辺りから峠路は斜度を増し、きつくなっていく。周りの景色は霧で見えないので、意識を前方に集中させ、鳥の声に助けられながら進む。そして林道上のピーク、霧の秦野峠に到着。寄大橋を出発してからちょうど50分だった。この峠は山稜の鞍部のやや北側を通過している。
 ピークから少しだけ山北町側に下ると虫沢林道との三叉路になっていて、林道の竣工記念碑がある。脇にあった「鎮魂碑」に手を合わせた後小休止。やれやれ、疲れた。この峠からの景色はさぞや素晴らしいのだろうが、この霧では全く見えない。
 三叉路から少し先に進むと、山道の秦野峠への分岐点が現れた。少し登ってみたが、藪が凄い。勾配もかなりのもので、おまけに前日までの雨でそれがヌタヌタ状態になっている。日を改めてまた来ましょう。この峠は多分逃げないだろうから。
 ブッツェ峠に向けて下る。伽藍沢橋までの1.5キロの短い下りだが、わくわくするようなヘアピンカーブの連続だ。でも...徒歩では...ただうっとおしいだけだった.....。

目次に戻る