不 動 越

神奈川県秦野市−伊勢原市
2002.10.29

周 辺 図 へ


 蓑毛越から尾根道を通り、不動越を目指す。ちょこっと登るともうそこは浅間山の頂上。名前からして富士信仰の山なのだろうが、今では狭い頂上にでっかい鉄塔が建っている。無粋な感じは否めない。鉄塔の脚の間から申し訳なさそうに富士山が顔をのぞかせていた。
 普通に考えてみても...、後から地図を見てみても...、間違えるはずがない道を間違えて迷ってしまった。主尾根から支尾根に入り込んでしまい、道をロスト。引き返し、藪漕ぎをして、なんとか無線中継所まで到達したが、そこでも縦走路入口を見落として、下の林道まで下りてきてしまった。まだパスハンの勘が鈍ったままなのか、それとも山の神様が従走路が危険なので下の林道まで誘導してくれたのか...。
 結局下り基調のアップダウンの林道を走り、秦野市と伊勢原市の境界に到着。ここが林道の最南部にあたり、この先は山襞をグルッと巻いて再び林道は北に向かう。この巻きの外側に一本の登山道が延びている。これが不動越に向かう道だ。
 登山道をちょっと下って不動越に到着。「下って峠に到着」というパターンは出来たら避けたかったんだけど、まぁ今回は久しぶりのトレッキングパスハンティングということで...(^^;。峠は浅間山と高取山(鷹取山)との最低鞍部に位置しており、先ほど登った蓑毛越と同様、かつては大山詣の人達で賑わったそうだ。大山不動尊の「不動」の名が峠名に付けられていることからもそれがわかる。今では大山から浅間山、高取山、善波峠と結構ポピュラーなハイキングコースの中に組み込まれ、縦走する人は多いが、「峠を越える」という人は殆どいないのではないかと思われる。これもまた「今は昔」である。
 小蓑毛に下る峠路。なかなかしっかりしている。
 こちらは子易に下る峠路。なかなかそそられる路だ。いつかはこの路を通って不動越えをしてみたいと思う。
 峠の北側には、かつてこの峠のシンボルであったであろう不動明王の石柱が倒れていた。寂しい光景だった。

目次に戻る