鞘 口 峠

東京都檜原村−奥多摩町
1998.3.28

周辺図へ


 奥多摩周遊道路を五日市側から上る。バイクが道いっぱいに走っているので注意が必要。左側に「都民の森」が見えたらその駐車場に入る。
 駐車場を突っ切って、「都民の森・森林館」方面に上っていく。結構勾配がある。途中「鞘口峠へ」と書かれた道標に従って山道に入る。(実はこのアスファルト道路を直進しても行けたりする^^;)
 山道はこの通りの狭い木段が続いていて、バラスの代わりに木のチップを敷きつめている。木の香りが漂って気持ちがいい。
 先ほどのアスファルト道路と合流して、分岐点を左に行く。右は砥山(といしやま)に向かう路だ。道幅は広くなったが、勾配はかなりある。この路にも木のチップが敷きつめられていた。
 急勾配の九十九折りを何とかクリアして峠に到着。典型的な山の鞍部。ベンチに腰を下ろして、煙草に火をつけて大休止。駐車場から20分程度のコースなので軽く考えていたが、運動不足の身体にこの勾配はかなり堪えた。
 奥多摩湖に下る北斜面は、まだ雪に閉ざされていた。踏み跡もない。この後一旦奥多摩湖側に下ってから風張峠に登り返す予定だったがこれでは無理。不本意だが尾根伝いに風張峠に向かうことにした。

目次に戻る