松 姫 峠

山梨県小菅村−大月市
1998.4.5

周辺図へ


 早朝の井狩集落を走る。行き交う車もなく、しんと静まり返っている。
 彼方に連なるガードレール。勾配も結構ある。きつい。鳥の囀りがせめてもの慰め。
 身体がオーバーヒートし、ふらついてきたところに水場出現!顔を冷やし、大休止。助かった。
 写真左側の鞍部が峠。近くに見えるが、ここからが結構長い。足がなかなか前に出ない.....。
 ふらふらになって峠に到着。疲れてへたりこんでしまった(情けない...)。写真は大月側から写した。
 峠から少し大月側に進んだ左側に峠の碑がある。かなり立派なものだ。
 峠からは西側の展望がよい。雪を被った真っ白な富士山もくっきり見えた。写真ではわかるかな?
 大月に向けてわくわくするようなダウンヒル。長い。まるで谷底に路が吸い込まれていくようだ。

目次に戻る