板 橋 峠

山梨県塩山市−三富村
1997.8.8

周辺図へ


 柳沢峠から少し奥多摩側に下り、斉木林道にはいって三窪高原を目指す。
 道幅は広く、勾配はさほどでもない。しかし路面は思いっきり荒れている。バラスがひどく、全く踏み固められていない。補修も全然されていない様子。
 乗ったり押したりを繰り返し、30分ほど走ると無線中継所に着く。道はここから少し下り気味になり、路面も落ち着いてくる。
 登山地図ではここから三窪高原の小屋に通じる林道が延びているはずなのだが、NTTの私有地となっていて通行できない。
 無線中継所を過ぎると道は幾分下り出すが、峠付近でぐぐっとのぼり、板橋峠に到着。写真ではわかりづらいが一面に花が咲き乱れていた。
 峠から少し下って深静峡に到着。もう廃業しているのか、テニスコートは草がぼうぼうに生え、ロッジはお化け屋敷のよう。しばらく探索してみたが気味が悪くなり、引き返す。

目次に戻る