八 丁 峠

埼玉県小鹿野町−大滝村
2000.4.2

周辺図はちょっと待ってて


 前日赤岩、志賀坂と走り、民宿登人に宿泊。おばさんのご厚意で朝食を早くしてもらい、6時半に出発。昨日下ってきた志賀坂峠道を上り返し、隧道手前で左折し、林道金山志賀坂線(通称八丁林道)を走る。序盤は勾配も緩やかで、昨日の疲れがまだ抜けていないが、乗車して上ることができた。正面の山は両神山。
 500m毎にある里程標。全行程の中、自分が今どこにいるかがわかるようになっている。因みに隧道手前にある最後の里程標の表示距離は「6.5km」である。
 峠道の中盤は、かなり勾配もきつくなるところがあるが、最後の大きな巻きを過ぎたあたりからの終盤は、序盤の峠道と同じように勾配も緩やかになっている。天気にも恵まれ、遮る物がなにもない高展望を楽しみながらのパスハン、いいなぁ。これで身体の痛みがなければ最高なんだけど(^^;
 隧道直下より登ってきた峠道を見下ろす。これがオンロードパスハンの楽しみの一つでもある。写真奥に薄く写っている山は二子山。今日はあの山の麓の民宿から登ってきた。こんな光景に出会うと「思えば遠くに来たもんだ。」って思わず口ずさんでしまう。歳がわかるね。
 隧道に到着。好天に恵まれ、気分良く走ってきたおかげか、予想よりも早く着くことができた。で、いきなり道が崩れており、難しい地盤であることがわかる。隧道の手前には林道の竣工記念碑が建っている。それにしてもいい景色だ。
 隧道の手前は広場になっており、トイレもある。ここから八丁峠への登山道が延びているのだが、既にこの時点から道に雪が積もっているのがわかる。空身で少し登ってみたが、身体全体に激痛が走り、残念だが志賀坂峠と同じく、八丁峠アタックは次回のお楽しみとし、今回は隧道のみで帰ることにした。
 照明が全くない、約1キロの長ーい隧道を抜け、埼玉側に出る。あれだけ長いとさすがに怖かった。隧道内部に事故車が放置されていたけれど、あれ、どうするんだろう?
 埼玉側の隧道入り口はいたって簡素。でもこちらの方が山深い八丁隧道に似合うような気がする。
 昨日車をデポした小倉沢に下っていく。林道は全舗装だが、埼玉側は状態の悪い部分が多い。道幅も群馬側と比べて狭い感じがする。小規模の落石も頻発しており、慎重に下っていく。
 14.5kmの里程標付近、林道の終点は小倉沢の鉱山町の真ん中あたり。この林道の建設が始まったのは昭和34年。約23年の年月をかけて昭和57年に開通した。この23年という月日は、小倉沢にすむ人達にとって、長く、重い日々だったろうな。鉱山景気も急降下してきた頃だし....。

目次に戻る