横 手 山 峠
山梨県甲州市
2016.6.27

 

 落合集落の外れ、国道411号線上に車をデポ。早朝のハンノキ尾根を登っていく。勾配は若干きついが道幅は広く歩きやすいので気にならない。ぐんぐん進む。鳥のさえずりが気持ちいい。
 突如現れた倒木群。完全に峠路を塞いでいる。自転車同伴はかなりきつい。結構時間を費やしてしまったが、本質的にこういった状況が大好きなので、楽しかった。今回のルートでは結果的にこの倒木が最大の難所であった。
 倒木群を過ぎると路はグッと勾配を緩め、優しい感じになる。自転車はずっと押している。担ぐ場面は非常に少ない。
 鶏冠山との分岐点。写真は鶏冠山方面に向かう路から撮影。スイッチバックのように折り返して横手山峠に向かう。
 分岐点からの路は若干勾配は出てくるが、そんなにきつくはない。倒木もいくつか出てくるが、突破は問題ない。それよりも山の空気が気持ちいい。
 分岐点から10分もかからず峠に到着。緩い鞍部を路が越えている。広場のような感じだ。木陰に胡坐をかいて少し休んだ後、次の峠に向かう。
 峠の道標。写真奥に延びている山道は、鶏冠山への登山道だ。
 登ってきた峠路。うん、やっぱり優しい感じだ。
 これから下る峠路。林道が目と鼻の先まで近づいている。
 黒川金山跡まで延びている林道らしいが名前はわからない。ゆっくりと下っていく。


目次に戻る