小 野 峠
長野県上伊那郡辰野町−岡谷市
2013.2.10

  木曽谷の贄川宿から牛首峠を越えて小野宿に着き、さらに小野峠を越えて下諏訪に向かうのが初期中山道でした。辰野、岡谷、塩尻の市町境に峠は位置し、「三郡の辻」とも呼ばれてきました。西側の峠路は十数メートル旧道が残るのみですが、それでも目を閉じると往事の賑わいが聞こえてきそうです。
 ※この写真は2015年3-5月に長野県駒ヶ根市で開催された写真展に出展したものです。

 峠下にある「しだれ栗の里」。ここより先は冬期通行止めである。車を路肩に置いて歩く。
 旧道との分岐を過ぎてもうしばらく新道を進むと、現代の小野峠に行き着く。この小野峠は塩尻市境を越えている。
 無雪期の小野峠。(2014.6.1撮影)
 前回来た時には気がつかなかったが、立派な峠の碑があったんだ。(2014.6.1撮影)


目次に戻る