網 掛 峠
長野県下伊那郡阿智村
2013.2.9

  岐阜県境の神坂峠とこの網掛峠は、昔は二つ合わせて「信濃坂」と呼ばれていて、古代東山道の要衝でした。現在ではハイキングコースとして整備されているようです。

 中平集落の頭権現の駐車場に車を駐める。権現様にお参りをした後歩き出す。
 開放的な中平集落。足取りも軽い。
 林道終点に近づくにつれ、雪の量が増えてくる。しかし寒さで固まっており、スノーシューなしでも歩きやすい。
 杉林を抜け、空が広くなってくると峠も近い。雪も風で吹き飛ばされてしまっているようだ。
 峠には簡素な展望台がある。そこからの景色は素晴らしい。一部の地図には峠に神社マークがあるが、建物はない。代わりにご神体の過ぎの切り株だけが祀られている。
 峠の反対側、矢平側の峠路の様子。こちには雪に覆われていた。


目次に戻る